絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

記事内のリンク先へジャンプしてエラーになった場合は、
luxlocus.com の部分を、lux.hateblo.jp に変更して頂くと表示できます

ありのままの自分を見せるのは、まず自分。かな。(1)

 

人よりトロい人生を歩んでるのが、私。

怖がりなのが、私。

 

ここでえらそーなこと書いといて、いまだに、時々、

 

 

「彼でいいのかな・・・」なんて迷う時があるのが、私。

 

こんな私でいいのかな・・・なんて悩む時があるのが、私。

 

システムのことが得意なのが、私。

だけどシステム関係のことで働いていくのはヤダと思ってるのが、私。

 

恋愛のことがよくわかってないのが、私。

 

尽くすからダメなんだとか、彼に合わせてるからダメなんだとか言われても、

彼の全てを受け止めて丸ごと愛したいと思ってしまうのが、私。

 

だけど時々、もっとかまってくれてもいいじゃん。ばか。って思っちゃうのが、私。

だけどそれを彼にぶつけることはできないのが、私。

 

人の気持ちのほうばかり考えて、

人や場に合わせることのほうを優先してしまって、

自己主張は我慢したり後回しにしがちなのが、私。

 

でも時々は言いたいこと、

相手を傷つけないよう考えに考えて言ったつもりでも、

相手の反応を見て、やっぱり言わなければよかったかとへこむのが、私。

 

いまだに結婚なんてできる気がしてないのが私。

 

大枚ドブに捨てるのはヤダと思ってもがこうとしてるのが、私。

 

みんなに受け入れられてるな、居心地のいい場だな、

と思う場所が増えてきたけど、

ものすごく場違いだな、壁を感じる場だな、と思う場所にいた帰りは、

泣いちゃうのが、私。

 

自分に自信を持つことが大事、それが全てに通ずる、と分かっていても、

自信のある分野もあれば、自信のない分野では全然ダメなのが、私。

 

こういうブログを書くからには、読む人に何かしら響くところがないと、

と考えて書いているつもりなんだけど、役に立つのかどうかまだ分からなくて、

試行錯誤してるのが、私。

 

ゆったり過ごしたいのに、色々予定をこなそうとして、疲れちゃうのが、私。

 

なーんにも持てないまま、なーんにも成し遂げられないまま、

年寄りになっちゃったらどうしようって不安になることがあるのも、私。

 

スティーブ・ジョブズは、点はいつか線になるって言ってたけど、

それを聞いた時「おお」って思ったけど、

その時も、

 

だけどその点々は、あなたが若いときの話じゃん?

このスピーチだって、大学を卒業する若者に向けてだし。

私はもう、人生折り返し地点なんだけど・・・

 

とも思い、

今になっても、

 

私の人生、点だらけ。

どこまでいっても点だらけじゃん!!号(┳◇┳)泣

少なくとも私自身はそう感じちゃう。

 

・・・と思って、やっぱり私はダメなのかもって思うこともあるのが、私。

 

この記事を書くにあたって調べてみたら、ジョブズさんは

「信じること。点と点が自分の歩んでいく道のどこかで必ずひとつに繋がっていく、

 そう信じることであなた達は確信を持って自分の心の赴くままに生きていくことができるんだ」

というようなことを言ってたんですねー。

 

すみません、時々信じられなくなってました。それも、私。

 

それもこれも、「ありのままの私」。