絶対幸せになってやる。

とはいえ、無理に幸せになることもないw

記事内のリンク先へジャンプしてエラーになった場合は、
luxlocus.com の部分を、lux.hateblo.jp に変更して頂くと表示できます

私は彼のナンバーワン

 

昔の私は、(いや、つい近頃までかな?)

 

なぜか二番手気質というか、誰にも勝てない気質というか、w

私は彼のナンバーワンだわーという自信がない気質というか、(長いw)

 

そんなんだったんですけど。

 

昔、付き合っている彼(元彼とかその前の彼とか)に、

親しげに振る舞ってくる女がいると、

私はスイっとその場から引いてしまい、(心身ともにw)

 

「彼の隣の位置」「彼の一番身近な位置」というのを、

他の女にあっさり明け渡すようなことをしてしまってたんです。

 

私より親しげに彼に振る舞う人がいると、

私は引かないといけない

みたいな気持ちに自動的になってたんですよー。なぜか。

 

当時の私の気持ちというか本心というのは、

 

誰よりも私が彼の一番親しげな立場でありたい。

なのに、

なのに他の女が割り込んでくる。

私より親しそうに振る舞う。

失礼じゃない?(その女が)

私だったら、彼女や奥さんがその場にいる時、

その彼女や奥さんよりも親しげに振る舞うなんてしないわ!

 

って感じでした。

(ムカついてたのに何もできなかったタイプ)

 

で、先輩に相談したりしました。

 

彼に、私より親しげに振る舞う人がいる時、

なんか引いてしまう。嫌なのに。(>_<)

 

とかって。

 

その先輩は、

「そんなの、当たり前みたいに彼の隣にいればいいんだよ」

って言いました。

 

当時の私は、

「それができないから困ってるんじゃん」

と思ったわけですが。(笑)

 

これはもうかれこれ20年は前の話なのですが、よく覚えてます。

そこからも20年もそんなだった私ということですね。(笑)

 

当時付き合っていたのは会社の同期で、

同期同士で遊んだりごはん食べたりしていて、

そういう状況になっていました。

元彼は会社の先輩で、私と大分年が離れていたので、

私より前から彼を知っている、彼と親しげな女の先輩達がいて、

そういう状況になっていました。

 

(こっちは社内には隠していたから余計にというのと、

 自己否定をこじらせまくっていたので誰にも勝てないと思ってた。

 詳しくはこのあたりの過去記事から関連記事を読んでねん♪)

なぜと問われてもなぜだか分からない、

自分から不戦敗。(泣笑)

 

まあ心理学的にイロイロ説明はあることと思いますが、

要は自己肯定感の低さ以外の何物でもないのかな、

と今の私は思います。

 

自分で自分を肯定できるようになった今、

 

彼と一緒にいる時に私より親しげに彼に振る舞う女がいたら

どうするかなと考えると・・・

 

別に私も普通にいつもダーリンと一緒にいる時みたいにするかな。

 

と思うのです。

 

ひどかったらイラッとはするかも知れないけど、(笑)

たぶん昔ほど気にならないと思う。

なぜかというと、

私が彼のナンバーワンだと思えているから。かな。

 

そうこうしてたら、

彼も私をナンバーワンだと思ってくれてると思える出来事もあったりして。

 

すごいね。

20年前や10年前の私に教えてあげたい。(笑)

 

ここから分かることは、

 

頑張るべきこと・努力する方向は、

自己肯定感を高めることであって、

 

苦しみながら

私は彼のナンバーワンだと唱えたりすることではない、

 

ということですね~。